母を幸せにしたい

P1000339.jpg
電話で母の愚痴を聞いてあげた

 全てをなげうって
 今すぐここから逃げ出したい

今まで何度か聞いたことのあるような台詞ではあったけれど
いろんな経験を積んでようやく
母の立場や気持ちがわかるようになったせいか
今日は母を助けてあげたいと思った

 まぁ待っててや
 子どもの手が離れたら
 私が帰るよ

初めてそんな風に考えた
確かに母のそばにいてあげられるのは
私かもしれない
あと10年
そしたら私もどこにでもいける
子どものことを精一杯やったら
次は母を幸せにしてあげたい

私の「帰る」という言葉だけで
母は愚痴を止め急に元気になった
それを楽しみにがんばるわと言った

 私はそれまで生きとるかねぇ

心細げに言った母に
心細げに聞いた私

今日読んだ記事がちらつく
人間はその時がきたら
食欲がなくなり、自然の麻酔が効き
眠って眠って
夢を見ながら静かに逝く
そんな仕組みがあるらしい
意味のない延命治療をやめさせたい
お医者さんの思いが書かれた記事だった

私が母の最期をみとってあげたい
たくさん苦労している母だから
誰よりも平和に
誰よりも幸せに
誰よりも静かに眠りにつけるよう
私が傍にいてあげようと思う

📖最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは



この記事へのコメント