肉体と思考

DSC_0078.jpg
小さい頃から思いを言葉に綴ることが好きだった
口では言えないことも
紙の上では
今ではキーボードでは
小川の水が下流へと流れるように
次から次へと現れ運ばれていく

最近もっと好きなことがある
それはその綴ったものを読み返すこと
そこに書かれた言葉に
驚かされ気付かされることが多々ある
自分であるのに自分ではないような
気に留めなければ時間と共に流れ去ってしまうような
そんな過去の小さな思いたちに
再び巡り合う

忘れてはいけないと綴ったはずの思いも
風にさらされ違う景色を見ているうちに
そのまま海に流れ
どこか遠いところにまで行ってしまうのだろう
クリック一つで
一瞬にして過去へ行ける
「あの時の自分」はすでに存在していなくても
あの時の「思い」を手にすることができる
肉体と思考
一体であり一体ではない

もしかしたらあの時の「思い」は
私の思いではなかったかもしれない
どこからか誰かからか
ふっと吹き込まれた
特別な思いだったのかもしれない

そんなことを思い巡らしながら
過去に綴られた思いを読み返しては
またその思いを綴る
こんなふうに

この記事へのコメント