落ち込み

DSC_0146small.jpg
田舎に帰ると必ず起こる心の変化
バイオリズムの低下
しばらく落ち込んでしまう

私ってかなりのネクラだなぁと
つくづく思う日々

何がどうってことではない
とめどめもなくたくさんのことを考える
両親について
暮らしについて
人の幸せについて
自分の生き方について

そして這い上がることのできないほど
深い深い穴へと落ち込んでしまうのだ

18で故郷を出てから
自分の人生を作り上げてきた
いろんな人に出会いいろんな体験をし
幾重にも色を塗り重ね
自分好みの自分になりすましてきた

休暇で故郷に帰るたびに
全てが剥がされる思いがする
所詮私は変わっていない
隠しきれない自分の弱さ
これが私なのだから


人生が終わるとき
人が持って行けるものは
自分自身しかない
どんなお金持ちも
どんなに歴史に名を刻んだ人でも
身体一つで旅立っていく
違うのは
心が幸せに満たされているかいないかのみ

私は間に合うのだろうか
故郷での夏休みを終えてちょうど1週間
まだまだ穴から這い上がれそうにない私がいる



この記事へのコメント